こだわりいっぱい!やさしいパンのお店『PINO』

国領の無添加パン生地を使ったパン屋さん

こんにちは!調布みつぎの石坂です。

今回ご紹介するお店は、調布国領にある人気のパン屋『PINO(ピノ)』さんです!

京王線『国領』駅を出て狛江通りを南へ5、6分ほど歩くと、左手に今回のお店が見えてきます。

今回こちらのお店を選ばせて頂いた理由は、同僚の女性スタッフが、こちらのお店のパンをよく買っていると聞いたからです。私が訪問させて頂いた時も、女性の方が二人、店内でパンを選んでいるところでした。

店内の様子

店内は白とライトブラウンで統一されています。明るい色合いの店内には、可愛いポップや小物が飾られていて、お子さんでも入りやすいような暖かみのあるアットホームな雰囲気が店内にあります。

PINOさんのコンセプトは「毎日食べたい」「毎日いきたい」だそうですが、そうした雰囲気が店内にあらわれているようです。地元に住む方々にとっては、普段使いに丁度良いパン屋だと思います。

PINOさんのパンへの3つのこだわり

地元のお客様に安心して毎日お店のパンを食べてほしいというPINOさん。お店のパンには、3つのこだわりがあります。

100%国産の小麦を使用したパン

PINOさんでは、100パーセント国産の小麦を使用しています。国産の小麦はポストハーベスト農薬(収穫後、輸送時等の害虫やカビから守るため使用される農薬)の心配がありません。また、国産小麦を使用することで、日本の食糧自給率を高める助けをすることができます。

PINOさんが国産小麦にこだわるのには、そういった理由があるそうです。現在は国産小麦2種類をブレンドして使用しているそうです。

無添加のパン生地

パンには「乳化剤」や「保存料」などの添加物がよく含まれていますが、PINOさんでは、そうした添加物を一切使用せずパン生地を作っています。

添加物を使うと、パンがフワフワになったり、作る時間が短くなったりするそうですが、そういった添加物をまったく使用せずに、PINOさんではフワフワのおいしいパンを作っています。

いつも焼き立てを提供したい!小さなオーブンで何度も焼く

PINOさんでは、通常のパン屋さんで使用されるオーブンよりも半分以下の小さいサイズのものを使用しています。その理由としては、少量ずつ焼くことで常に焼きたてのパンを提供することができるからです。

手間はかかってしまうものの、小さいオーブンで焼くことにこだわるのには、お客さまへ出来るだけ焼きたてのパンを提供したいという思いがあるからなんですね。

PINOさんのパンを頂きました!

今回の訪問で、私はカスタードクリームパン(税込140円)、いちごメロンパン(税込151円)、焼きカレーパン(税込151円)、きのこソースのグラタンパン(税込259円)の4つを頂きました。どれも美味しそうだったので、思わずたくさん買ってしまいました!

一番人気はカスタードクリームパン

PINOさんの一番人気はカスタードクリームパンです。程よく甘いカスタードクリームとふんわり食感のパン生地の組み合わせが絶妙な一品です。とてもやわらかく、口の中で溶けてしまいそうです。

カスタードクリームは毎日手作り!

カスタードクリームは日持ちしないそうなので、PINOさんでは毎日炊いて作っているそうです。

そして、使用している卵は、府中にある高野養鶏場から直送していただいているそうです。

手づくりと鮮度の良い食材によって味と安心を提供しているPINOさんの絶品カスタードクリームパンは、是非一度は食べてほしい一品です。

今回のお店紹介は以上になります。気になる方は是非足を運んでみて下さい!

お店info

●営業時間 8:00 ~ 19:00

●所在地  東京都調布市国領町4-46-17 1F

●定休日  毎週月曜日、第一・第三火曜日

●TEL  042-441-7688

お店の公式HPはコチラ↓

[blogcard url=”http://pino-pan.com/”]

The following two tabs change content below.

石坂

調布の店舗やイベントのご紹介、不動産に関する役立つ情報に関する記事を中心に書いています。調布に住む方々に役立つブログになればと思います。 事業用賃貸物件に関する事ならお気軽にご相談下さい!

ABOUTこの記事をかいた人

調布の店舗やイベントのご紹介、不動産に関する役立つ情報に関する記事を中心に書いています。調布に住む方々に役立つブログになればと思います。 事業用賃貸物件に関する事ならお気軽にご相談下さい!